マスコミ紹介記事


第3回青島砂浜柔道大会が開催されました!

2016年08月08日

2016年7月30日、中国青島市で第3回青島砂浜柔道大会が開催されました!

中国の中でも柔道が盛んな青島は、
日中友好青島柔道館の徐殿平館長が砂浜で柔道を始めたことがきっかけとなっています。

徐館長は青島に道場がない頃より、
「砂浜から世界へ」を合言葉に、多くの門下生を砂浜で指導してきました。

その砂浜で、2014年度より新たな名称となった「青島砂浜柔道大会」が開催されました。
大会は、日中友好青島柔道館の皆さんが運営しています。
今年は、中国のみならず、韓国、インド、シンガポール、インドネシア、マレーシア、ベトナム、香港、マカオ、台湾等から参加がありました。4歳から15歳まで44チーム、400名以上が参加しました。中国青島での柔道の人気の高さがうかがえます。

本法人元研修生の王華さん、胡李宇さんも参加しました。

 

 

 

大会では、第9回東アジア柔道選手権大会「柔の形」で準優勝した、王華さん胡李宇さんが演武を行いました。

 大会を終えた王華さんより、「今年もけがなく無事に大会を終えることが出来ました。

 子どもたちのうれしそうな笑顔、柔道を楽しむ姿をたくさん見ることが出来ました。皆様の支援に感謝いたします。来年も砂浜柔道大会を開催する予定です。是非、日本の皆さんもご参加下さい!」

とメッセージが届きました!