事業案内

日本の心、柔道を世界へ伝えるために

PHOTO

リサイクル柔道衣・畳の支援

東海大学、外務省、国際交流基金、国際協力機構などと協力して世界の柔道発展途上国へ柔道用具(リサイクル柔道衣・畳など)の支援を行っています。

PHOTO

柔道文献の翻訳

柔道の精神、文化性を伝えるための柔道文献を翻訳しています。
・2009年度「プーチンと柔道の心」日本語出版を支援
・2010年度「姿三四郎」英訳開始

PHOTO

柔道教材の製作

柔道の世界的普及のために、柔道教材を製作し無料配布します。
・2011年度「柔道教則本(中国語版)」製作を支援
・2014年度「相手にケガをさせない自分もケガをしない~柔道きほん運動~」DVDを製作
・2015年度「子どもたちへの柔道指導」DVDを製作

PHOTO

外国人指導者・選手の受け入れ

柔道の普及には、指導者や選手の育成が何より大切です。海外からの指導者や選手を外務省、国際交流基金、国際協力機構などと協力して受け入れ、日本の柔道を伝えていきます。

PHOTO

外国へ指導者派遣を支援

柔道の国際的な普及のために、柔道指導者や学生ボランティア指導者を講道館、外務省、国際交流基金、国際協力機構と協力して海外へ派遣します。

PHOTO

国際柔道研究者会(International Association of Judo Researchers)を支援

世界の柔道研究者のネットワークの構築、若手研究者の育成を図るための国際柔道研究者会を支援します。
国際柔道研究者会ホームページ

PHOTO


PHOTO

講演会の開催

当法人の活動にそった講演会を開催します。

講演録バックナンバー

第1回講演会:
奥田碩(トヨタ自動車(株)相談役・本法人顧問)
第2回講演会:
ミッシェル・ブルース(元IJFメディアコミッショナー・オフィシャルリサーチャー)
第3回講演会:
厳安生(大手前大学教授)

第4回講演会:
小川郷太郎(三井住友海上火災保険(株)顧問・本法人理事)
第5回講演会:
ラフリン・アナトリー・ソロモノビッチ(ロシア柔道連盟副会長)
第6回講演会:
小林和夫(元NHKモスクワ支局長・作新学院大学教授)
第7回講演会:
福田敬子 (講道館女子9段)
第8回講演会:
山下泰裕(東海大学 理事・副学長・体育学部長・本法人理事長
第9回講演会:
ハラルド・ゲーリック(ドイツ大使館一等参事官文化部長)
第10回講演会:
井上康生(東海大学体育学部専任講師・柔道部副監督)
第11回講演会:
寺澤豊志(全日本柔道連盟柔道ルネッサンス特別委員会都道府県部会長)・木村清德(石巻柔道協会会長、木村道場館館長)・山下泰裕(東海大学 理事・副学長・体育学部長・本法人理事長)
松前重義録:
国際柔道連盟会長候補にあたって
第12回講演会:
山下泰裕(東海大学 理事・副学長・体育学部長・本法人理事長)
第13回講演会:
長田渚左(ノンフィクション作家・「スポーツゴジラ」編集長)
第14回講演会:
ミッシェル・ブルース(ボルドー大学教授)、マイク・カレン(Judospace研究所代表)

第15回講演会:
塚田真希(東京女子体育大学柔道部部長)

※バックナンバー講演録をご要望の方は、事務局0463-58-1211(内線3524)までご連絡ください。講演録は無料で配布しています。

柔道を通じた文化交流、異文化理解のために

日中友好を支援

PHOTO

「日中友好青島柔道館」、「日中友好南京柔道館」へ指導者の派遣、東海大学松前柔道塾との交流、会館運営の支援など、中国の柔道普及を支援しています。

・中国青島市「日中友好青島柔道館」関係

・中国南京市「日中友好南京柔道館」関係

PHOTO

中国男子柔道チームを支援

民間企業の支援を受け、2008年の北京オリンピックまで、中国男子柔道ナショナルチームを日本に招致し、選手の強化を支援しました。

PHOTO

日露友好を支援

モスクワ市及びサンクトペテルブルグ市で、ロシアの柔道普及を支援しています。

PHOTO

海外柔道普及団体を支援

イスラエル、パレスチナ、インドネシア、ラオス、南アフリカなど世界中の柔道普及に対し支援を行っています。

PHOTO

留学生の柔道体験

在日留学生等に対し、柔道教室を開催しています。

青少年を育てるために

PHOTO

柔道教室を開催します

国内外で青少年に対する柔道教室を開催及び支援しています。

PHOTO

国際中・高生柔道大会

海外から中学生もしくは高校生を受け入れ、日本の少年柔道大会に参加できるように支援します

PHOTO

柔道シンポジウム

「柔道・友情・平和」にそったテーマで青少年に向けたシンポジウムを開催します。

「暴力の根絶プロジェクト」パネルディスカッション講演録(PDFファイル)