トルクメニスタンに柔道衣が到着しました!

2019年07月10日

2019年3月に送付したリサイクル柔道衣50着が、6月にトルクメニスタンに届きました!

【コーチングセミナー2018研修生ロブシェン氏(左)、近藤参事官(中央)、バイミラドフ氏(右)】

在トルクメニスタン日本大使館及びトルクメニスタン柔道連盟を通し、リサイクル柔道衣贈呈式がチェス・チェッカースポーツ学校において実施されました。寄贈式は、現地報道もされました。 コーチングセミナー2018研修生のロブシェン氏の活動する道場にも配布されました!

  

 

 * * * * * *

 

【日本語訳】

在トルクメニスタン日本国大使館,トルクメニスタン選手に
50着の柔道衣を寄贈

 
 本日、アシガバットにおいて在トルクメニスタン日本国大使館はトルクメニスタン柔道連盟の支援を受け、トルクメン人武道家に対する柔道衣の寄贈式を実施した。
 2018年6月,グルゲルディエフ・スポーツ青年・政策相が訪日した際に山下泰裕・全日本柔道連盟会長と会談した。その際,知見の共有のためトルクメニスタンからのコーチ1名の受入れが決定された。同年11月には,トルクメニスタン柔道連盟のアマンドルディエフ・ロブシェン氏が研修のため1ヶ月間訪日していた。
 今回のアシガバットにおける50着の柔道着の寄贈は,アマンドルディエフ・ロブシェン氏からの要請及び山下会長の協力のお陰で,実現したものである。
 近藤俊介在トルクメニスタン日本国大使館臨時代理大使は自身の挨拶において、「トルクメニスタンで日本の伝統的な武道のひとつである柔道が人気なのは喜ばしいことです」と述べた。
 同人は、「トルクメニスタンの選手が2020年の東京オリンピック・パラリンピックで1つでも多くのメダルを獲得し,優秀な成績を修められることをお祈りしている」と期待を表した。