仙石道場ホールの子どもたちが来日!

2018年04月23日

2018年4月4日~9日、インドネシア・バリ島、仙石柔道ホールの子どもたちが来日し、「第2回ガーヤちゃん杯争奪越谷少年柔道大会」に出場しました!

 

結果・本年は「日本・インドネシア国交樹立60周年記念大会」でもあり、大会委員会で特別にインドネシアの子供達に「敢闘賞」をいただき子供達もすごく喜んでおります)

* * * * * 

子供たちの感想です!


先鋒 グナ(男子・小学4年生)
僕の兄弟は全員男の子で僕は一番下です。兄たちはみんな日本へ行ってきましたので、日本は良いところだと聞いていました。僕も早く日本へ行きたくて、柔道をがんばりました、仙石先生から色々と日本へ行かれることについて聞いていました。今回、越谷北ロータリークラブ、東海大学の山下先生や惠子先生、柔道教育ソリダリティーの皆さんの援助で日本へ来ることが出来ました。ありがとうございます!日本での思ったことは一番に「ゴミがなく、きれいなことです」「食べ物がみんなおいしいこと」「日本人は走るように歩いていること」柔道の試合では自分より小さな子と闘いましたが、体が小さくても技がとても上手で僕は負けました。悔しかったです!バリへ戻っても、もっともっと柔道を練習して日本人のような凄い技を勉強します!ありがとうございました!

次鋒 リコォ(男子・小学5年生)
今までに日本へ行ってきた上級生や仙石先生から日本のことを聞いていました。そして、実際に日本に行くと「町がゴミ一つないことが不思議でした」「電車に乗るのが初めてで全部オートマチックで驚きました!またエスカレーターなど階段も楽で凄いと感じました!」「食べ物もラーメンが美味しかったです」柔道の試合はやはり先生が話していた通りとても強かったです!これからももっともっと練習をして頑張りたいと思いました!できたらもう一度日本へ来たいし、日本で暮らしたいです!僕たちを日本へ行けるように助けていただきました山下先生、多くの人たちに感謝します!ありがとうございました!

中堅 アリ(男子・小学5年生)
僕は、日本へ行くことが決まってから色々と地図を見て、日本がどこにあるのかを見たり、日本のことを本で調べました。同じアジアでも特別な国で凄く進んでいる国と言うことを勉強しました。実際に日本へ行きすべてが「夢の国」のようで僕は驚きがいっぱいでした!「ゴミがない、日本の人たちはのんびり歩く人はいない、バリ島のように自然がなく、家・家だらけで木や空き地がなく建物ばかりで驚きました!」「食べ物はご飯がバリ島よりおいしくお茶碗で何度もおかわりしました。吉野家で食べた「豚丼」が大好きになりました。でもバリ島と比べると高いので考えます!」試合は、僕が大きく、相手は小さかったです。ですが、とても技がたくさんあり、試合もうまく、負けてしまいました。柔道は得意技を持たないと相手を倒せないことを学びました!今回日本へ行けたことは、日本の人たちの支援があったからだと仙石先生から聞きました。山下先生や沢山の人たちに感謝します!。ありがとうございました!

副将 フェブリー(女子・小学6年生)
私は柔道を始めて5カ月余りで、日本へ行くことが出来、驚きとうれしさがわき出ています。ありがとうございます!私の父は「日本人のガイド」をしており、父からは日本へ行けることをうらやましいがられました!仙石先生・山下先生、惠子先生ありがとうございます!日本での感じたことは「ゴミがなくきれいなこと。自動販売機が、いたるところにあるのに盗む人がいない。インドネシアでしたら一晩で無くなります!色々な服やカバンがたくさんあり、全部ほしいと思いました!大きくなったら日本へもう一度行きたいです。そして住みたいです!」柔道の試合は勝ったり負けたりでしたが、先生が言ってたように練習をたくさんしないと勝てないことを知りました!また、東京ディズニーランドでの楽しい思い出も忘れません!柔道をしてよかったです!私を日本へ連れて行ってくれました皆さんに、ありがとうございます!

大将 ノフィ(女子・小学6年生)
私は柔道を始めて3年になります!柔道を習い、何度もやめようかと思いました。でも、友達が一緒に頑張ろうと言ってくれて助けてくれました。おかげで。日本へ行けることが出来ました。とてもうれしいです!仙石先生からもいつも聞いておりましたが、私たちが日本へ行けることは、日本の皆さんがご支援をして下さっているおかげでと聞いています。ありがとうございます!日本での体験や見たことは、「ゴミがなくきれいにしている。町が素晴らしいこと。何もかも素晴らしい品物があふれて何もかもほしいくらいです。食べ物も全部おいしいです。日本人の皆さんはやさしく親切です。沢山のお土産をいただきました。ありがとうございます!」バリへ帰りたくありませんでした!試合では決勝トーナメント戦で私が負けたため上に進めませんでした。チームのみんなにすみません!もっともっと練習をしてもう一度日本へ来たいです!日本へ連れていただきました、日本の皆さん方にお礼申し上げます。柔道を続けてよかった!ありがとうございます!