ロシア・モスクワ大学留学生を対象に、柔道体験教室を開催しました!

2018年01月12日

2017年12月5日に、三井物産の研修生として来日していたモスクワ大学の学生を対象に、柔道体験教室を開催しました。コーチングセミナー2017の研修生が、体験教室のアシスタントとして参加し、初心者への柔道指導法も学びました。

 

モスクワ大学生より感想が入りましたので、ご紹介いたします。

 

 

【コーチンセミナー研修生のセルゲイ氏(ロシア)がロシア語で説明をする場面もありました】

* * * * * *

サンチローバ・クリスチーナ

    柔道ではいろいろな技があります。上手投げ、一本背負い、大内刈りなど。 今回は、東海大学の柔道部の皆さんと世界中から来た柔道のコーチの皆さんのおかげでこのような技をするようになりました。重要なポイントは、ただの力や体の大きさで相手に勝つのではありません。技で勝つので、小さい者が大きい者を倒すこともできるのだと柔道の先生に教えてくれました。しかし、技が効果を発揮するためには、それなりの力も必要です。 ですから、これからもサンクトペテルブルクにある柔道センターに行って、柔道練習を一所懸命頑張りたいと思っています。このような素晴らしい柔道体験の機会をお作りいただき、誠にありがとうございました!


ブンコーワ・ダリーナ

    私にとって柔道の授業は素晴らしい体験になりました。先生から教えてくれた柔道の特徴のおかげで日本文化や日本人の考え方にもっと深くになったと感じしています。授業中に新しいスポーツを練習してみたり、面白いことを存知してくれたり、友達がたくさん出来きたり本当にうれしかったです。柔道先生たちに心から感謝しています。ロシアへ帰って絶対に柔道をやってみたいと思います。

リシッツァ・アルチョム 

   今月ロシア大学生三井研究プログラムおかげで私は東海大学で授業を受けたことがあります。子供の頃から日本の武道に対して興味があったので、その機会を喜びました。
授業の時柔道の先生は姿勢やお礼や様々な柔道の技などということを詳しく教えてくれました。あらゆる国々から柔道の生徒と技を実行しました。授業が友好雰囲気で行われました。
畳に立って、柔道のプロフェッショナルを自分の目を見て、嬉しくと思っています。その新しい経験を受けて、日本の文化について知識を深めることができました。ロシアで柔道は人気がある武道なので、多くのロシア人は柔道が上手になりたいと思って、柔道が生まれた日本を訪れるという希望を持っています。そして、私は日本とロシアは柔道の分野で協力を強化し続けると望んでいます。
柔道の授業を受けた機会をいただきまして、真心から感謝申し上げる次第でございます。