第18回講演会及びコーチングセミナー2017修了式を開催しました。

2017年12月19日

2017年12月14日東京都千代田の霞が関ビル35階東海大学校友会館にて、細川佳代子さんを講師に招き、第18回講演会「神様からの贈り物」を開催いたしました。

師走の忙しい中でしたが、約80名の聴講者が集まりました。


始めに山下泰裕理事長から挨拶がありました。

その後、細川佳代子さんの講演会が始まりました。

細川さんがどのようにして日本で初めてのスペシャルオリンピックスを熊本で立ち上げたのか。熊本の新聞の紙面に合った笑顔でメダルを持つ女の子。それが、SOのきっかけになったこと。「障害を持つ方々は、周りの人間が優しさを思い出すきっかけを与えてくれる。生まれてこなければ良かった命などなく、皆生きている意味がある。そうならば、障害を持つ人々が笑顔で生きられるようにしたい」笑顔で細川さんは話されました。
SOを立ち上げた25年前は、日本での障害者支援に関しては、施設を建てることが主だったため、SOを広めることがとても難しかったこと。そんな中で、たくさんの方々の支援がありSOの輪が広がっていき、SO熊本設立年後には世界大会を熊本に招致できたことなどを話されました。SOに関わる中で、日本中に素晴らしい友人が出来た。またとない人生を歩むことが出来た。それをもたらせてくれた障害を持つ皆様に感謝していると述べられました。

講演会の後には、コーチングセミナー2017の修了式が行われました。

コーチングセミナー2017の研修生が、一人づつ挨拶を行いました。その後、光本師範より研修生の紹介、山下理事長より修了証書が送られました。