スリランカにリサイクル柔道衣が到着しました!

2017年11月07日

2017年7月、スリランカに送付したリサイクル柔道衣50着が到着しました!

元スリランカ派遣青年海外協力隊員の横山恵理子さんを通して、柔道衣が寄贈されました。

* * * * * *

NPO柔道ソリダリティー  山下泰裕 様

スリランカに柔道着50着が届きましたので報告いたします。
2017年9月末、柔道衣を載せたコンテナが到着しました。10月初旬、柔道が盛んに行われている学校の一つ、ガンポラブッディストスクールにて寄贈式が行われました。

 

寄贈された柔道衣は、リオ五輪に出場したチャーマラ選手の提案により、内戦で両親を亡くし施設で暮らす子供たちのため、その子供たちが多数所属する学校へ優先的に配布することとなりました。他の柔道衣は、学校柔道協会を通じて各地区へ配布される予定となりました。

スリランカは日本を始めとする先進諸国に比べ、柔道をする環境が整っていません。そのような中、柔道を続け、昨年夏、スリランカ柔道初のオリンピック選手が誕生しました。柔道が希望や目標となる大きな一歩でした。そして、この度柔道衣が寄贈されたことは、次世代の子ども達にとり、次のステップアップとなることと思います。

今回、柔道ソリダリティー様をはじめ、東海大学柔道部の皆さん、柔道衣を提供して下さった方々、柔道に関係ないにもかかわらず無償で日本から柔道衣を運搬してくれたスリランカの民間企業ST.JUDE様に感謝申し上げます。

* * * * * *

NPO法人柔道教育ソリダリティーさま

横山恵理子さんを通して50着の柔道衣を柔道センターの柔道家に寄贈下さいました。

その寄付は、経済的に恵まれていない子どもたちに、皆さんの送りものは大変意義のあるものでした。リオデジャネイロオリンピックでは、スリランカ初の選手が出場し、他の学校からたくさんの柔道家が私たちの柔道場で練習を行っています。

横山恵理子さんは、私たちのトレーニングを支援して下さっています。私たちは、感謝の気持ちと柔道衣を広めていきます。

本当にありがとうございました。

スリランカ ガンポラ ブッタ大学 学長 Anula Menik