第5回ラフリン記念全国少年柔道大会に浅井ロシア担当を派遣しました!

2017年06月15日

2017年5月23日に、ロシア・サンクトペテルブルグで「第5回アナトリー・ラフリン記念ロシア全国少年柔道大会」が開催されました。浅井信幸ロシア交流担当を派遣しました!

浅井ロシア交流担当からの報告です。

* * * * * * * *

第5回アナトリー・ラフリン記念ロシア少年柔道大会

ラフリン先生を記念する大会も今年で5回目を迎え、先生の誕生日5月23日にサンクトペテルブルグのシブリアリーナで開催されました。ロシア国内から289人の参加があり熱戦が繰り広げられました。開会式ではレニングラード州知事がラフリン先生の教え子であるプーチン大統領からの祝電を代読しました。その後、山下泰裕当法人理事長からの祝電をロシア交流担当の浅井信幸がロシア語で代読しました。祝電では柔道を通じた友情、平和を子供たちに伝えました。

【山下理事長のメッセージ「参加した子どもたちは、畳の上で正々堂々と思い切り戦い、畳を降りたら友情を育んでほしい。柔道を通してロシア中に、そして世界に友達をたくさん作ってほしい。その友情が世界平和につながることを信じる」を代読する浅井ロシア交流担当】

決勝戦を前にラフリン先生の教え子、友人たちと墓参しました。
来年もラフリン先生の誕生日5月23日に開催されます。来年こそは柔道の発祥国、そして、ラフリン先生が愛した日本からの参加を願っていると関係者の声が寄せられました。

ロシア交流担当 浅井信幸