マダガスカルにリサイクル柔道衣50着が到着!

2017年05月26日

2016年11月、JICA「世界の笑顔のために」プロジェクトの支援の下、リサイクル柔道衣50着を送付しました。2017年2月にマダガスカルの首都アンタナナリボに柔道衣が届き、3月に寄贈式が行われました。

JICA青年海外協力隊として現地で活動を行っている水野泰晴さんを通し、お礼状と寄贈式の様子届きました。紹介いたします。

* * * * * * 

御礼状

今年2月に、柔道教育ソリダリティー様から寄贈された柔道衣50着が無事にマダガスカルに到着いたしました。この柔道衣の寄贈に際し、柔道教育ソリダリティー様にはJICA「世界の笑顔のために」プロジェクトをご理解していただき協力して下さったことを心から感謝申し上げます。
3月31日、マダガスカルの首都アンタナナリヴォ市で寄贈式が行われたことをご報告致します。当日は4月中旬に初めてマダガスカルで開催される柔道アフリカ選手権大会に向けて強化合宿中の代表選手が稽古する道場で多くのメディア取材を受けての寄贈式だったことも合わせてご報告致します。
今回提供していただいた柔道衣50着は新設される柔道クラブに寄贈される予定です。特に柔道衣を購入できなくて柔道を始める機会が少ない子どもたちにとっては価値のある贈り物になります。大きいサイズも有効に使用させて頂きます。この支援が実り大きいものになるよう残りの任期、私自身も精いっぱい努力する所存です。今後もマダガスカルと日本の間で柔道を通じた国際協力と友好関係が共に発展することを願っております。
本当にありがとうございました。

2017年3月31日 ダガスカル アンタナナリボ市
JICA青年海外協力隊 平成27度2次隊年 水野 泰晴
 

* * * * * *

御礼状(和訳)
特定非営利活動法人 柔道教育ソリダリティー 理事長 山下泰裕殿

この度、寄贈していただいた柔道衣50着が無事にマダガスカルに到着いたしました。このような寛大で貴重な支援は、マダガスカルの柔道界発展に大きな支援となるでしょう。皆さまのご厚意に心から感謝申し上げます。

2017年2月15日
アンタナナリボ ダガスカル柔道連盟 会長 スティニー・ランジィアナソロニアイコ