リサイクル柔道衣がウルグアイに届きました!

2016年12月27日

2016年6月にウルグアイに送付したリサイクル柔道衣50着が、ウルグアイに到着しました!

10月28日に開催された「国際柔道の日」にて、ウルグアイ柔道連盟に贈呈されました。

ウルグアイでJICAシニア海外ボランティアとして活動する宮原健太郎氏、ウルグアイ柔道連盟よりお礼状が届きました。

紹介いたします。

* * * * * * *

 

特定非営利活動法人柔道教育ソリダリティー

理事長 山下泰裕 様

ウルグアイ柔道連盟

宮原健太郎

柔道衣のお礼

リオオリンピック、パラリンピック大盛況でした。柔道はもちろん他の種目も大活躍でした。それを見て全日本国民が感動しました。私自身も柔道指導者としても、日本人としても誇りに思います。そんなタイミングで柔道衣がウルグアイに到着いたしました。ウルグアイ柔道連盟たいへん喜んでおります。現在、普段の巡回指導の他に共和国体育高等教育研究室の学生に柔道指導をしているところですが柔道衣不足で困っていました。その他柔道衣購入が困難な道場も有るようですので有効活用させて頂きます。日本の柔道家と言えば、山下泰裕さんの名前が一番に出てきます。なお、今回柔道衣贈呈式は、嘉納治五郎師範誕生の日である10月28日(国際JUDOの日)をもって行われました。今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。特定非営利活動法人柔道教育ソリダリティー様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

寄贈品の感謝状

NPO法人柔道教育ソリダリティー様

ウルグアイ柔道連盟は10月28日に実施した「国際柔道の日」記念イベントの際に貴NPOから柔道衣の寄贈を受けたことに感謝いたします。当日、ウルグアイ柔道の発展に貢献して下さっているJICAウルグアイ支所の谷口誠支所長、JICAの「世界の笑顔のために」プログラムを活用して柔道衣の申請を行ってくださったJICAシニアボランティアの宮原健太郎さんが特別ゲストとして駆けつけてくださいました。ウルグアイ柔道連盟は今回寄贈を受けました50着の柔道衣の一部は、共和国大学体育学部の体育教育研究所の学生に貸出することに決定しました。寄贈式の様子が分かるように数枚写真を添付しますが、それ以外の写真はウルグアイ柔道連盟のフェイスブックを通じご相談ください。

来賓出席者(写真左から)

ボランティア柔道指導者:宮原健太郎

JICAウルグアイ支所長:谷口誠

ウルグアイ柔道連盟会長:エリセオ・ロウス

在ウルグアイ日本国大使:田中径子

ウルグアイオリンピック組織委員会副会長:ホルヘ・ロサレス

ウルグアイスポーツ省コーディネーター:アルベルト・エスパサディン