柔道指導者をUAEに派遣しました!

2016年12月13日

2016年11月9日~13日の期間、東海大学付属高輪台高校の福岡政章教諭をアラブ首長国連邦(UAE)・アブダビで開催された第1回日本大使館杯に合わせ派遣しました。

福岡教諭より報告が入りましたので紹介いたします。

* * * * * * * * 

東海大学付属高輪台高校
福岡 政章

UAE派遣報告書

・派遣期間 2016年11月9日(水)~2016年11月13日(日) ・派遣先 アラブ首長国連邦(アブダビ)
・同行者  光本 健次先生 佐々木 浩太郎
・派遣目的 第1回日本大使館杯柔道大会にて演武 現地での柔道指導

・詳細・感想

 主な活動内容として柔道指導2回、大使館杯でのデモンストレーションを行った。大会前日翌日での練習は幼児から大人まで幅広い年齢層の参加があり約50名集まり、光本先生による柔道の動きを取り入れたウォーミングアップやトレーニング、柔道の基本動作の指導。私からは得意技である背負投の解説や練習方法の紹介を行った。初心者から経験者までレベルの差はあったが皆楽しく興味を持って取り組んでいたように感じる。
大使館杯は13歳、14歳のカテゴリで行い約120名の登録があったが当日は90名ほどの参加となったが、大会結果から日本遠征の選抜があるという事もあり盛り上がりを見せていた様に思う。デモンストレーションは決勝戦の前に、背負投をはじめ数種類の技、さらに応用的な技の使い方を紹介する事ができた。


 第1回日本大使館杯柔道大会、成功に終わることができたのではないかと思う。記念すべきスタートの大会にて微力ながら参加することができ大変嬉しく思う。これも日本大使館、JODCO、NPO法人柔道教育ソリダリティー、UAE柔道連盟の関係者の方々、さらには現地で柔道指導にあたっている原口直也コーチのご尽力があってこそだと感じており感謝しております。また、UAE柔道連盟会長のタミミ氏の話では今後さらに大会を発展させゆくゆくは国際大会、国際キャンプを行いたいとの言葉があった。次回からすぐに行うのは難しいかもしれないが少しずつ前進し、継続して開催することで国際交流として価値のある大会となっていく事を願っています。