国際親善週間を共催しました!

2016年09月09日

2016年7月~8月の期間、本法人と学校法人東海大学望星学塾とが共催する『国際親善週間』が今年も開催されました。

今年は松前柔道塾の開塾40周年を記念して開催期間を2ヶ月に拡大。アメリカ、カナダ、ポーランド、グアムから計6つのクラブが来日し交流しました。

【一緒に汗を流したあとで記念撮影】

◇アメリカ
Shudokan Judo Club(ハワイ州)・Aiea Hongwanji Judo Club(ハワイ州)
50th State Judo Association(ハワイ州)・Pacific Rim Martial Arts Academy(オレゴン州)
United State Judo Federation(米国柔道連盟)
 
◇カナダ
Annex Judo Academy(トロント市)

◇グアム
Guam Judo Association(グアム柔道連盟)

◇ポーランド
UKS FENIKS(マゾフシェ県)

また国際親善週間のメインプログラム「スタディ・アブロード・ジャパン研修」には引率教員と保護者を含め21名が参加。柔道の稽古意外にも、柔道の歴史や日本の文化を学びました。研修の最後は東海大学湘南校舎に場所を移し、「学園オリンピック」に参加し付属高校生と交流を深めました。

 

【望星学塾での研修風景】・【橋本副理事長による「松前重義博士」に関する講話】

 

【松前柔道塾での稽古風景】・【東海大学付属高輪台高校の練習に参加】

  

【講道館柔道発祥の地「永昌寺」見学】・【東海大学湘南校舎で学園オリンピックに参加】


 

【女子個人戦に出場】・【あこがれの東海大学道場で記念撮影】


 

【付属高校との合同練習】・【本法人の活動を説明。賛同した参加者からリサイクル柔道衣を寄付頂きました】

国際親善週間に参加した皆さまの感想は、後日紹介させていただきます。