DVD「柔道きほん運動」の感想が届きました!

2016年02月25日

2014年12月に配布を開始したDVD『相手にケガをさせない 自分もケガをしない~柔道きほん運動~』が、様々な中学・高等学校学校で利用されています。

現場で指導を行っている先生方より感想が届きましたので、紹介いたします。

 ※柔道きほん運動は、「平成25年日本体育協会スポーツ医・科学研究報告Ⅰジュニア期におけるスポーツ外傷障害予防の取り組み」を元に、東海大学体育学部宮崎誠司教授が協力・監修して下さいました。

 

「柔道きほん運動」は、Youtubeでも見ることが出来ます。

ご希望の方は以下のURLからご覧ください。  

「柔道きほん運動」(Youtube)はこちら

付属冊子は、こちら(PDF)

 * * * * * *

相 手にケガをさせない、自分もケガをしない「柔道きほん運動」のDVDを拝見させていただいて、柔道の動きを修得するのにとても役立つと思います。とにか く、怪我をさせずに柔道を楽しいと思ってもらえるようにと私自身も工夫していますが、首をひねってしまったり、すり傷が出来たりと怪我が多いのが現状で す。業の約8~10時間程度で出来ることは限られていますし、怪我防止の動きで終わってしまっても柔道の楽しさを味わわせることが出来ません。8~10時 間程度で、どの程度授業をすすめられているのか、立ち技、寝技でどこまで習熟度をあげられておられるのか知りたいです。
DVDを参考に、授業でもさらに工夫して行きたいと思います。Faxにて失礼いたしました。

「柔 道きほん運動」見させていただきました。私自身、参考になる動きが多かったです。付属のリーフレットもコピーさせていただき、生徒に配布させていただきま した。員確保のために焦ることもありますが、「ケガをしない」「ケガをさせない」柔道を心がけ、指導に取り組むよう学ばせて頂きます。ありがとうございま した。

大変参考になりました。これからの授業で活用させていただきます。基本運動の中には、柔道だけでなく色々な種目で行える運動もあり、他の種目の準備運動でも取り入れさせていきたいと思います。ありがとうございました。

DVDを送付いただき、ありがとうございました。準備運動に取り入れやすく、たくさんの種類の運動がレベル別にまとめてあり、参考になりました。ありがとうございました。

私 自身、中学校の授業及び部活動を指導する立場の人間として、ケガをさせないために、どのように指導をすればよいか、自分の経験をもとに考え取り組んでいた が、相手にケガをさせない、自分もケガをしないための補強運動については、とても参考になった。初心者、中級者の基本、応用運動もわかりやすく解説されて いるので、活用していきたいと思う。また、今まで指導してきた補強運動でも、生徒に伝えるべきポイントなども参考になったので、今後の指導に活かしていき たい。

初心者から中級者以上の指導方法を見て、初心にもどるような気持ちになりました。今までの柔道指導を見直し、「相手にケガをさせな い」「自分もケガをしない」という柔道指導コンセプトをしっかり今後の指導に生かしていきたいと思います。また、指導者として自分だけでなく、若い指導者 にも指導していきたいと思います。

このDVDを見て、安全、安心な柔道指導の勉強になりました。実際に中学生にさせてみると楽しくやりな がらも、真剣に取り組む様子が見え、また柔道部意外の生徒(授業でおこなっている生徒)に、様々な動きをさせてみると楽しみながらも、次の日筋肉痛になっ たと、楽しそうでした。楽しみながら、安全に柔道の指導を行える事は、大変良かったと思います。

DVDのご提供、ありがとうございまし た。本校は柔道部もなく、学校の武道も剣道を行っています。現在、直接的な活動は難しいと思いますが、器械運動(特にマット運動)などの分野で準備運動と して取り入れていきたいと思っています。大変わかりやすく、丁寧に説明されていています、理解しやすかったです。個人的には、前任校で柔道部を指導してい たこともあったので、内容など納得しやすかったです。また、柔道を指導する機会がありましたら、ぜひ活用していきたいと思いました。ありがとうございまし た。

今年から柔道の授業をするにあたって、とても参考になりました。一人で行うものから、対人で行うものもあり、初級、中級、上級と段階 分けもされているので、授業で生徒たちの様子に合わせて取り入れやすかったです。柔道、初心者の私、生徒たちにも大変わかりやすく、主にウォーミングアッ プに使わせていただきました。今後も参考にさせていただきたいです。ありがとうございました。

柔道体験の少ない私にとっては、安全面に配 慮した指導の参考になりました。ありがとございます。初心者向けの指導などは、女子も指導することがあり参考になりました。また、指導の中で、投げ技をし たいと思いますが、ケガをさせてしまわないか不安でなかなか思いきったことが出来ません。今日のDVDの中に、初心者でも安全に投げたり、受け身をとるな どのポイント指導が、また、投げ技の具体的な練習方法がありましたら、もっと知りたいと思いました。悩みながら指導をしていましたので、助かりました。あ りがとうございます。

お世話になっています。ビデオの感想として、授業だけでなく、部活動にも取り入れる内容で勉強になりました。ありがとうございました。

6歳になる息子とビデオを見ながら運動し、楽しく拝見させていただきました。運動の種類が多く、またそれぞれに対してポイントや説明が詳しく補足してあり、わかりやすかったです。レベルごとに模範演技の形の年齢がわかることも、わかりやすかったです。
気になったことは、強いていえば以下の3点です。
・各運動の1セットにおける目安回数があればなお良いと思いました。
・一つの技をテーマにレベルを上げていくアプローチも欲しいと思いました。大外刈りは各レベルで紹介させていましたが、つながりがわかりにくい人もいると思います。つながりが見えれば、投げる時の注意事項にもつながり、より分かりやすくなると思います。
・受け手、受け身の練習をもう少し内容を多くしても良いと思いました。補強がメインのないようなので、良いのかもしれませんが。
以上、感想です。これからもよろしくお願いいたします。

相 手にケガをさせない。自分もケガをしない「柔道きほん運動」DVDを拝見し、活用しています。10月中旬より授業を中学1、2年男女で実施しています。準 備運動の中にも活用しました。大変すばらしい内容のDVDを提供していただき、有り難うございました。今後も活用させていただきます。第1、 第2段階の映像が参考になりました。このようなDVDがあると指導しやすくなり、とてもありがたいです。