第7回中郡柔道研修大会を支援しました!

2016年01月20日

2015年11月29日に神奈川県大磯町にて、「第7回中郡柔道研修大会」が開催されました。本法人は、第5回よりこの大会を支援しています。中郡柔道研修大会には、コーチングセミナー2015に参加したコーチたちが日本の少年柔道大会の視察のために参加させていただきました。

 

実行委員会代表濵名三代子先生及び実行委員長國分光男先生からお礼状が届きましたので、紹介させていただきます。

* * * * * * *

認定特定非営利活動法人柔道教育ソリダリティー
理事長 山下泰裕 様
                     中郡柔道研修大会実行委員会
                     濵名道場 代表 濵名三代子

           第7回中郡柔道研修大会
 
 おかげさまで第7回となります中郡柔道研修大会を平成27年11月29日(日)に神奈川県立二宮高校体育館において 無事に開催することができました。
2013年(第5回大会)からNPO法人柔道教育ソリダリティーから支援をしていただき、質の向上に精力を用いることが可能になりましたことを深く感謝をいたします。
 中郡柔道研修大会は、大会に関わるすべての人が学べる場を目指しておりますが、世界中との交流があり、知的障がい者のスペシャルオリンピックスもあり、協賛社・地域との交流もあり、皆が真剣に取り組むことでとてつもない可能性が拡がる大会です。
 午前中の「研修の部」では、国際武道大学大学院教授で世界柔道連盟エキスパートコーチであられる柏崎克彦先生が「柔道の教育力」をテーマに話されました。柔道をただ単に競技として行うのではなく、生活の中で実践していくことが大切だと説かれ、参加選手並びに指導者、保護者、係員として参加した学生たちにも有意義な研修となりました。
 一般町民も自由にご参加いただけるイベントブースは3つを展開しました。
①「怪我をしない身体づくり」と題したチューブトレーニング(講師:勝俣接骨院 院長 勝俣聡氏)
②「固技のなぞとき」と題し、固技の技術・考え方を伝授する柔道教室(講師:柏崎克彦氏)
③「密から顕 史料で見るもう一つの術から道へ」では講師私物の史料で柔道の基となった起倒流の伝書や嘉納師範直筆の手紙などを見ながら考えられることを説明していただきました。(講師:講道館 畠山洋平氏)
 午後の「試合の部」では協賛社名がリーグ名となった28リーグで盛り上がり、講話、ブース、試合についても感謝の意を表したお手紙やメールをたくさんいただきました。
 また、光本健次先生がSFT事業で受け入れられている9カ国の柔道コーチを連れて大会視察にお越しくださり、開会式で世界に広まる柔道を子どもたちに話され、コーチたちにもマイクがわたり とても身近に感じることができました。
 このたびも柔道への理解が更に深まる大会となり、ご支援をいただけましたことに心より感謝を申し上げます。         深い感謝のうちに。

* * * * * *