エマニュエル選手から日本での研修の報告です!

2016年01月20日

2015年11月15日から約1か月間、ガーナ人で現在イギリスで柔道に励んでいるエマニュエル・ナーティー選手を受入れました。エマニュエル選手は、2015年12月4日~6日に行われたグランドスラム東京大会に出場するために日本で練習をすることを望んでいました。

エマニュエル選手より、メッセージが届きましたので紹介させていただきます。

* * * * *

Name: Emmanuel Kojo Nartey
Olympian and 7 times senior world championships participate and 3 times quarter
finalist Weight: 73kg Country: Ghana


Training Base: University of Bath High Performance centre.
Coach: Juergen Klinger
Course: PhD in Law – UEL
Training in Tokai University/Tokai Grand Slam
On the 15th of November 2015, I arrived at Tokai University for my final training of the year and also to represent my country in Tokyo Grand Slam Judo Tournament. This trip was funded and supported by Tokai University and the NPO. The trip and the training camp in Tokai University is an extraordinary one, it is always an honour to visit the university and to train with the best in the country.  When I arrived, I was given access to all the training facilities available to the judo students as well as all the necessary support for my stay at the university.
It have been a very difficult year for as self-funded athlete, therefore it is safe to say if it was not the support of the NPO, I do not think I would have made it to Japan. For this I am very grateful and will like to thank them for all their support and also their contribution to Judo development in across the world.
The training in Tokai is very intense, very difficult and at time I even struggle to cope with practice but this is the highest level of judo practice. I love every minutes of time there and getting up in the morning going to the gym. The gym is world class and one of the best in the world. Discipline at the university is high and the determination on the face of the judokas on the mat is something I have not seen for a long time.
I also was lucky to have the opportunity to meet some coaches training at the university, this coaching course was funded and support by the NPO. Their views about the coaching facilities and the course at Tokai was second to none. For me, it is fantastic to see such a system and path way to help develop judo coaches from developing countries. I love coming to Tokai, the training is amazing and the people are lovely, the support is great. My trip to Tokai this year have been a successful one. I am always grateful for the help and the support I always received when I visit here. So to that end I will like to say a very big thanks to all and the NPO for their generosity for my visit to Japan.

2015年11月15日、今年最後の練習及びグランドスラム東京大会に向けて、私は東海大学へ到着しました。今回の招へいは、東海大学と柔道教育ソリダリティーに支援していただきました。東海大学での練習は、驚くほど素晴らしく、日本のトップレベルの場所で練習が出来ることを光栄に思いました。大学に到着した際には、生活する場所や大学で練習をする環境など全てが手配されていました。
私の様に、自己資金で選手を続けることは、とても大変です。今回NPOからの支援が無ければ、私が日本に来ることは出来なかったでしょう。私は、皆さんから支援を受けたことをとても感謝し、世界の柔道の発展に尽くしたいと思います。
東海大学での練習は、非常に激しく、非常にレベルが高く、私は練習について行くのに必死になりましたが、私は全ての練習を楽しみました。そして、毎朝、世界でも最高の設備を備えたジムに通いました。大学の規律は高く、私が今まで見たことの無いような柔道家の意思がありました。
私は、大学でコーチングセミナーに参加していた他の国のコーチに出会うことが出来たことも幸運だったと思います。東海大学でのコーチング法は、何事にも変えられない貴重なものでした。私にとって、柔道発展途上国からコーチを育成するシステムや方法を見ることは、素晴らしいことでした。私は、優しく素晴らしい人がいる東海大学に来ることが大好きです。いつも多くのサポートをして下さることに、心から感謝しています。最後になりますが、このような多大な支援下さいました柔道教育ソリダリティーの皆さま、本当にありがとうございました。
 

原文は、こちら⇒PDFファイル


Emmanuel