パレスチナよりサイモン・ヤコブ選手を受入れました。

2015年12月22日

2015年11月1日~12月2日の期間、パレスチナ柔道チームのサイモン・ヤコブ選手を受入れました。

サイモン・ヤコブ選手は、グランドスラム東京大会に出場するために、東海大学を中心に、国士舘大学などで強化を行いました。

レポートが届きましたので紹介いたします。

 

* * * * * *

Report training stay university of Tokai / Japan 01.11.15 - 03.12.15

My name is Simon Yacoub and I am a member of the Palestine Judo Team. I stayed the hole November 2015 at Tokai university to improve my Judo. In case of the good relations between NPO and Palestine Judo federation I was able to train under best conditions in Tokai. NPO supported me with accommodation and daily pocket money for food. For that reason I was able to focus on my training without thinking about financial problems.
On my arrival day everything was well prepared in the international residence. My room was in best conditions. I could wash my close there and cook my food. Also our manager of the residence Yoko San, helped me with every questions I had and supported me like a real mother. I really felt like home there.
Keiko San and Hiroko San, the two secretaries of Tokai Univ. also supported me with everything I needed. I was able to get my own bicycle which I really liked to ride. They introduced me to every coach and the big Judo legends like Yamashita Sensei, Sato Sensei and Inoue Sensei. Great moments of my judo carrier. Also they helped me to get an new judogi and solved every little problem I had.
My daily routine was breakfast in the residence, morning session e.g. running in the mountains, Ne-Waza practice, or athletic. After this I had lunch and a rest. Usually at 5 pm we started the Judo session at Budokan which last around 3 hours. The training was very strong and super intensive. I was able to fight with the best Judoka on the world from juniors and seniors which makes me very happy and proud.
Sometimes the Budokan was closed in case of holidays but NPO also ensure that I can go for training at another place. For this reason it was no problem to switch to another university, so I decided to train at Kokushikan University which was also very strong.
Almost every day all members asked me about my situation if I needed something and asked about my health constitution.  It was a warmly and friendly support I never felt before and for that reason i felt very confident and happy all the time. It is like a second family.
I think the training and living conditions at Tokai University are one of the best on world. I would recommend this place to everyone who would like to improve his judo on the highest level of Judo. I was very lucky to had this strong support by NPO and get to know such lovely people.
Hopefully I can return next year!

With best regards

Simon Yacoub
-60 Kg Palestine Judo

(―日本語訳―)

私はパレスチナ柔道チームのサイモン・ヤコブです。2015年11月に東海大学で柔道の練習に参加させていただきました。NPO法人とパレスチナ柔道協会の協力により、とても素晴らしい環境でトレーニングをすることが出来ました。NPO法人からは、宿泊場所、日々の生活費を支援していただきました。このことにより、私は経済的な心配をすることなく、柔道のトレーニングに励むことが出来ました。
宿泊場所の友好会館では、全てが用意されとても素晴らしい環境でした。私は服を洗うことが出来、料理を作ることも出来ました。友好会館のマネージャーの陽子さんは、私の日本の生活の多くを助けて下さり、母親のように感じました。友好会館は、自分の家の用に感じるほどとても素晴らしい環境でした。
事務局の惠子さんと浩子さんは、私が必要とするものを全て支援して下さいました。全ての柔道コーチ、素晴らしい選手たち、山下先生、佐藤先生、井上先生などに私を紹介して下さいました。それは、私の柔道人生の中で素晴らしい経験となりました。
また、新しい柔道衣をいただきました。他の小さな問題があった時には、すぐに手助けをして下さいました。移動には、使いやすい自転車を貸してもらいました。
私の日本での生活は、友好会館で朝ごはんを食べることから始まりました。そして、朝練、山を走るトレーニング、寝技などの練習をしました。午後には、5時から3時間ほど武道館で柔道の練習に参加しました。この練習は、とても厳しく集中したものでした。私は、世界トップクラス、多くの選手と練習することが出来とても光栄に思いました。
武道館での練習が無い時にもNPOの皆さまが、他の場所で練習できるように手配して下さいました。私は、とても柔道の強い国士舘大学でもトレーニングをすることが出来ました。
ほぼ毎日、多くの方が私のことを気にかけて下さいました。それは、とても暖かく優しい心使いに感じました。それは今まで経験したことがなく、第二の故郷のように感じました。
私は、東海大学は柔道の練習や滞在するのに、世界で一番素晴らしいと思います。柔道のトレーニングを望んでいる人に東海大学を薦めたいと思います。私は、NPOの皆さまに支援していただき、素晴らしい人々にお会いすることが出来て心から幸運だと思います。
出来ましたら、来年また皆さんにお会いしたいです!
本当にありがとうございました。