ジンバブエにリサイクル柔道衣が到着しました!

2015年11月06日

【2015年10月23日50着の柔道衣が到着。(左)会長DEBI氏】

2015年9月にジンバブエに送ったリサイクル柔道衣50着が、到着しました!

JICA青年海外協力隊で現地で活動をしていた金盛友彦氏を通して、礼状が届きました。報告させていただきます。

* * * * * * * * 

NPO法人 柔道教育ソリダリティー
 山下 泰裕 理事長 殿

 拝啓

 ジンバブエ柔道協会を代表し、私はJICA ボランティアとして8か月間活動している、金盛友彦氏の支援依頼によって、貴法人が我々の柔道クラブの発展のため、50着の柔道着を寄贈していただいた事に、深く感謝の意を表したいと思います。
 この手紙が遅れてしまった事、お詫びいたします。我々は免税証明書を取得する為に、非常に長いプロセスを経る必要がありましたが、全て上手くいき、柔道着は我々のオフィスに届きました。
 ジンバブエの現在の厳しい政治状況下では、ほとんどの柔道家は道着を購入することが出来ず、柔道着を共用して使用しなければいけません。一部の生徒はトラックスーツで練習しています!
貴法人の暖かいご支援が、これから多くの柔道家が練習できる事に繋がり、そして切磋琢磨していく事になるでしょう。
 ありがとうございます。ARIGATO。
貴法人の益々のご発展と、柔道の精神が広まり友情を育むことを願います。

敬具

2015年10月26日
 ジンバブエ柔道協会 
会長 デビ ジーンズ
 

原文は、こちら

* * * * * * * * 

リサイクル柔道着支援のお礼状

NPO法人 柔道教育ソリダリティー
山下 泰裕 理事長 殿

 拝啓

 この度はジンバブエ柔道協会の為に、リサイクル柔道着50着のご支援をいただき誠にありがとうございます。心より,厚くお礼申し上げます。
 当地では政府からスポーツに対する援助がほぼ皆無であり、貴法人からの支援に柔道協会一同、感激し深く感謝しております。
寄贈いただいた柔道着は、先日首都ハラレ市内の柔道クラブにおいて、寄贈式を行い、ジンバブエ柔道協会へ受け渡しました。柔道協会の管理の下、大切に使用させていただきます。
添付いたしました写真は、式の様子です。
また私の任期終了を記念し、同日柔道大会も開催していただきました。

 この度の支援につきましては、貴法人の深いご理解とご協力、関わってくれた皆さまに、深く感謝申し上げます。
この支援が、2020年東京オリンピック、パラリンピックの懸け橋となるように、またジンバブエ柔道協会の更なる発展を願い、貴法人へのお礼、ご挨拶とさせていただきます。 
 
敬具

2015年10月26日
JICA国際協力機構青年海外協力隊
平成26年度 9次隊 
ジンバブエ共和国派遣 ジンバブエ柔道協会所属 
金盛 友彦 

   

【寄贈式の様子。ジンバブエ代表選手2人とDEBI会長とSMART副会長】

原文は、こちら