中国南京・青島柔道館へ濵名智男先生を派遣しました!

2015年06月05日

2015年3月2日~11日の期間、日本文化大学専任講師の濵名智男先生、東海大学教授の光本健次先生、学生ボランティアとして東海大学体育学部2年の佐々木浩太郎君を中国南京・青島日中友好柔道館へ派遣しました。

濵名智男先生の報告です。

* * * * * * *

2015年3月2日から3月11日まで、中国の江蘇省南京市及び山東省青島市の中日友好柔道館に、東海大学教授光本健次先生と学生ボランティア東海大学2年佐々木浩太郎君と共に派遣していただきました。

両市では中日友好柔道館指導者のご努力で、柔道を正課授業として取り込む小中学校が増えており、短期間に柔道が広く普及したことによって指導者不足の状態であり、その育成が急務であることから、この度の派遣に至ったということです。


  
はじめに訪れた中日友好南京柔道館では、4日間に渡ってコーチングセミナーを行いました。受講生は南京市及び江蘇省所属の指導者約35名で、盛大な開講式に続き、光本先生による中日友好南京柔道館設立の経緯、柔道の歴史等についての講義からスタートし、実技指導では初心者が安全に楽しく柔道に親しむための指導法に重点をおき、道場の安全管理、ウォームアップ法、礼法、姿勢、体さばき、受身、また固技、投技の指導法、更には投の形、審判法を指導しました。連日、本来の受講生の他にも中学生や体育学校の選手が参加し、受講者が140名を越えた日もありました。



今年で設立5周年を迎える中日友好南京柔道館での少年・初心者クラスの指導状況も視察しましたが、設立当初は僅か数人であったという生徒は現在なんと1,000人を超えています。館長である劉俊林先生の指導のもと、日本で研修を重ねた常東先生が、中国で「教育としての柔道」を広めていきたいとの信念を持ち、それを実践している姿には大変感銘を受けました。最終日には中日友好南京柔道館設立5周年記念式典が多くの関係者や生徒達、そしてその家族も出席するなか盛大に行われました。

 
 次に訪れた中日友好青島柔道館では、2日間でコーチや生徒に基本指導を行いました。ここでも除殿平館長指導のもと、王華先生はじめ、沢山の若い指導者がより良い柔道の普及を考え、真摯に柔道と向き合っておられました。

 
 正課として柔道を取り入れている小学校を視察した際には、「柔道体操」を見せていただきました。この学校では毎朝全校生徒でこの体操を行うとのことです。校長先生は「柔道は人格的にも体力的にも人を強くするので、今後更に力を入れていきたい。そして行く行くは日本の小学校とも交流を持ちたい。」と語っており、まさに教育的な柔道の普及とそこから生まれる日中友好の兆しが伺え、柔道教育ソリダリティー事業の素晴らしさを再認識いたしました。
 今後益々柔道をとおした国際交流の輪が広まることを期待しますとともに、この度の事業に派遣いただきましたことに心から感謝を申しあげます。