柔道体験教室を開催しました。

2015年03月20日

2015年1月10日、東海大学日本語別科の留学生を対象に、光本健次国際担当師範の指導の下、柔道の体験教室を開催しました。

 

授業は、東海大学柔道部の学生がいつものように手伝って下さいました。

中国、マレーシア、台湾、タイ、韓国から16名の学生が参加しました。

感想文が届きましたので、紹介いたします!

* * * * * * * *

Derk Kim(Luo Sheng) 中国
とても印象深い体験でした。女子柔道部の皆さんは、とても強く私の想像を超えたものでした。先生は、優しく指導して下さいました。柔道は、私には少し難しかったですが、体験授業はとても楽しかったです。
 すべてが素晴らしい経験となりました。日本伝統の柔道を私は大好きになりました。

Choi Wonseok Ryan 韓国
日本の伝統である柔道を体験することは、てとても興味深く有意義でした。先生と柔道部の皆さんは、私に素晴らしい経験をさせて下さいました。いつの日か、柔道をもっと深く学びたいと感じています。

Nur Asma Arselan (マレーシア)
とてもかっこよかった!私は柔道体験の後に、体中が痛くなりましたが、とても楽しかったです!

Izra Inna Bt Didris (マレーシア)
昨日、私は生まれて初めて日本の格闘技「柔道」を体験しました。私はシラットをマレーシアでしたことがありますが、柔道とは全く違いました。柔道の動きは、相手を倒すのに特別な技術がありました。私は素晴らしい柔道の授業を受けました。

Ma Hamzah(マレーシア)
初めての柔道体験は、素晴らしかったです。私は、柔道の身を守る技術が素晴らしいと感じました。体験クラスは、先生に指導していただきたとても楽しいものでした。しかし、なんども投げたり倒れたりしたので、柔道を知らなかったら身体を傷つけてしまうと思いました。

Siravich Chatrkaw (タイ)
柔道は、とても面白かったです。初めに、私は人を投げることだと思っていましたが、それ以上のものでした!柔道には安全に投げるために多くの技術がたくさんありました。授業の間は、日本の伝統的な体験をすることも出来ました。柔道は、ただのスポーツではなく、たくさんの意味があるように感じました。女子でも組まれた時は、とても強く自分では動かすことが出来ませんでした。

Khoo Guan Hock(マレーシア)
初めて柔道を体験しました。私は柔道部の男子と授業をしました。先生たくさんのことを教えてくださりありがとうございます。最後に、女子が見せてくれた見本は本当に素晴らしかったです。

Praewpun Chaiyapornruangdat(タイ)
私は、このスポーツを本当に好きになりました。もっとやってみたいと思いましたが、今はそのチャンスがありません。私は他のスポーツは色々やったことがあります。タイのボクシングやテコンドーなど。けれど、柔道は違いました。国に帰ったら、私は柔道を学びに行こうと思います。とても、楽しかったです!

名無し1名
Moho Shaiful Rizal Hassan(マレーシア)
初めての柔道体験は、ぎこちないものでしたが、とても楽しめました。先生と手伝って下さった柔道部の見あさん、参加した皆もありがとうございます。本当に思い出になる経験でした!

Aubrey(Luo Zixin) (中国)
すばらしい!!!柔道は少し難しかったですが、演武、技術全てが興味深いものでした。私は柔道をオリンピックの映像で見たことがありました。今回の体験はそれ以上の経験でした。
柔道は、スポーツのようですがそれだけではないように思います。「自他共栄」「疾風勁草」の魂があります。私は、中国へ帰ったらもっと柔道のことを学びたいと思います。
素晴らしい時間をありがとうございました!

Chelsea(台湾)
小さいころから柔道をやってみたかったです。今回は、素晴らしい経験となりました。初め、柔道は痛いものだと思っていましたが、実際にやってみると痛くはありませんでした。先生と柔道部の皆さんは、素晴らしい技術でした。私は、護身の時に使えそうな、技術を少し学ぶことが出来ました。そして、「礼」についても学ぶことが出来ました。それは、人間の謙虚さや礼儀正しさを教えてくれました。

Jingrong Lin (中国)
柔道は、役立ち楽しいものでした。私達に身を守ることを教えてくれました。私は、柔道の準備運動とひねることを学びました。少しテコンドーに似ていると感じました。私は、柔道の経験によって少し強くなったのではないでしょうか。
先生と柔道部の皆さんが、全員が素晴らしかったです。彼らは、何度も私達にお手本を見せてくれました。大変だったと思いますが、ありがとうございます!
中国にもカンフーがあります。それは、柔道に似ています。私は、中国と日本の両方の経験をしてみたいと思います。

Siwat Kaolueng(タイ)
初めての柔道体験は、素晴らしい時間でした。私は、2個目の格闘技の体験です。1つ目は、ムエタイです。ここでは、柔道を体験しました。私は2つは、違ったスタイルだと思いました。柔道は自分の身をまもることに使えます。そして、先生と可愛い柔道部の皆さんは、とても親切でした。一番面白かったのは、一人が床に横になり、その人を抑えつけたことです。それはとても面白かったです。
私は女子が格闘技をやっているのを見ました。そして、男子に勝っていました。

Ricky ( Hyeony Cho)(韓国)
楽しい時間を持つことができました。柔道の基本運動の手順は勉強になりました。特に私は最後のトレーニングが好きでした。柔道で相手を倒すことです。それは観光旅行で出来たら良いでしょう。もし、剣道や他のスポーツにもこのようなプログラムがあると良いと思いました。

Ely(台湾)
柔道体験は、忘れられない経験となりました。柔道は過激なスポーツではありません。私達は精神を落ち着かせることを学びました。相手を負かすため勝つために、私達は相手の力を上手にコントロールすることを学びました。それは、同時に自分たちの力もコントロールすることでしょう。私達がもしそれを出来たなら、柔道がうまくなるでしょう。そして、良い精神を持てるでしょう。それが私が柔道から学んだことです。

 

 

畳の上に裸足で立ち、柔道衣をきりりと着た留学生の皆さんは、それだけで日本の文化に

接し、大変喜んでいました。

光本先生、柔道部のみなさん、ありがとうございました!