第14回講演会の講演録が出来上がりました。

2014年05月09日

2013年12月6日に日比谷コンベンションホールにて開催しました
第14回講演会「イギリスとフランスにおける柔道のけが防止の取り組み」
についての講演録が出来上がりました。

イギリスのJudospace研究所代表のマイク・カレン氏が、
「柔道による子どものけがは、指導者の教育が解決策となるか?」の演題で、

フランスのボルドー大学教授のミッシェル・ブルース氏が
「危険な指導方法、危険な柔道とは?」の演題で語りました。

>>第14回講演会 講演録(PDFファイル)

>>The Record of the 14th Lecture (PDF file)

 会員の皆さまには、後日郵送させていただきます。