ボツワナよりリサイクル柔道衣のお礼状が届きました!

2014年01月21日

1月17日にボツワナに届きましたリサイクル柔道衣ですが、

青年海外協力隊として現地で柔道指導を行っている井坪圭佑氏よりお礼状が届きました。

 ⇒井坪氏のお礼状はこちら(PDF)

NPO 法人柔道教育ソリダリティー理事長 山下 泰裕 様
平成26年1月15日、貴法人より50着のリサイクル柔道着がボツワナに到着いたしました。
我々ボツワナ柔道連盟に対する多大なるご支援、ご協力に連盟幹部、選手含め、ボツワナ柔道界一同感謝の気持ちでいっぱいであります。
さて、私がボツワナ柔道連盟に配属されて、早くも半年が経ちました。現在は、ナショナルチームのヘッドコーチとして選手の強化に励む傍ら、クラブ活動として柔道が取り入れられている地域の小学校を巡回指導しております。小さい国の柔道界ではありますが、底辺と頂点に携わる事の出来る今の環境は、私を成長させる上で大変恵まれていると実感しております。
アフリカの中では、比較的恵まれていると言われるボツワナですが、国内での貧富の差が激しく、柔道着を買えない子も少なくありません。生活面では、水と電気の不足と不安定が全土において深刻な問題であり、3日に1度は、停電や断水があります。
様々な問題を抱えるボツワナ柔道界ですが、選手の笑顔と真摯な瞳に支えられて、勇気づけられ、勉強する事の方が多い毎日です。日本の常識が全く通用せず、日々、異文化理解を深めております。
この度の贈り物のお陰で、たくさんの生徒の笑顔を新たに発掘する事がでました。貴法人よりのご配慮に改めて感謝申し上げますと共に、益々のご活躍を祈願してお便りとさせていただきます。
青年海外協力隊 ボツワナ共和国 柔道隊員 井坪 圭佑
(平成24 度 東海大学 体育学部 武道学科 卒業生)