イスラエルとラトビアのコーチを招聘しました。

2013年12月26日

【左 ラトビアのAntonコーチ、右 イスラエルのChai コーチ】

本NPO法人 2013年度コーチ招聘事業が2013年11月20日~12月20日まで行われました。

本来であれば、イスラエルとパレスティナのコーチ招聘事業ですが、

本年、パレスティナのコーチが来日直前に足の骨を骨折したことから、

今回のプログラムはイスラエルとラトビアからのコーチ、2名で実施されました。

招聘プログラムの詳細はこちらから

今回のプログラムは光本健次 東海大学体育学部武道学科教授にコーディネート

していただき、昨年よりもっと実践的な内容になったと思います。

さて、実施したプログラムの様子をご紹介しましょう!

まずは、

◆ 花岡先生のテーピング講座 ◆

    

二人とも選手たちへのテーピングはある程度実践していたようですが、

゛目からウロコ〝と言って、感動していました。

◆ 石田先生のスポーツマッサージ講座 ◆

その他にも、高妻教授のスポーツ心理学や今村講師のリハビリテーション

のクラスも受講させていただきました。先生方、本当にありがとうございました。

さて、今回のプログラムにも町道場での研修も含まれました。

◆ 東海大学松前柔道塾で開催された塾友杯 柔道大会 視察 ◆

 【写真は松前達郎塾長を囲んで】

 【試合後の子供たちへ参加賞を授与しました】

ふたりは子供たちの試合に対するマナーや、柔道のレベルの高さに感動していました。

 ◆ 浜名道場 訪問  ◆

【写真中央 濱名道場の濱名三代子先生と】

今回も神奈川県大磯町にあります濱名道場で研修をさせていただきました。

濱名ご夫妻は健常者も障害を持っている子どもたちも一緒に柔道ができる環境づくりに

ご尽力されています。

【道場の子供たちと一緒に・一番左が濱名智男先生】

   

◆ 朝飛道場 ◆

濱名道場同様、今回も神奈川県にあります朝飛道場におじゃましました。

    

朝飛先生が考案された柔道の技を習得する柔道衣、大変熱心に見入っていました!

朝飛先生に熱心に質問をするChai コーチ!

◆ 青鳥の家  ◆

国士舘大学の中島たけし先生がご尽力されています、世田谷区にあります

青鳥学園で、毎年行われている「柔道納」式に参加しました。

障害者も健常者も一緒になって柔道の稽古をしている姿に、心打たれました。

♫  ♪  ♬ ♭ ♯ ∮ ♬ ♪ ∮ ♯ ♭ ♬ ∮ ♯ ♫ ∮ ♬ ♯ 

今回、多くの先生方にたくさんのサポートをいただきました。

柔道の道を目指すものには多くの言葉はいりません・・・

心と心が通じあえば、自ずとして柔道の道が開けてくるような気がします。

さて、柔道の道を開いたあとは、日本の心に触れる旅に出ました!

    

まず、嘉納治五郎師範が講道館をスタートさせた台東区の永昌寺と皇居を訪ねました。

今回の招聘事業には、スポーツマネージメント学科の杉並伸勉君(写真左端)

にサポートしていただきました。いろいろとありがとうございました!

  【浅草寺】

12月11日から12日にかけて、広島と京都を訪ねてきました。

アントンとシャイは大変日本の文化、歴史に興味を持っており、

今回の広島と京都の旅はふたりの強い希望でもありました。

 【宮島で】

       

宮島の厳島神社でふたりはおみくじを引きました。Antonは大吉、Chaiは何と大凶!でした…

でも、これも日本の文化、どんな内容でも嬉しそうです!

【広島 原爆ドーム前で】

広島から京都へ移動しました。

紅葉の季節は終わっていましたが、それでも美しい京都の庭園や建物に

感動していました。日本人でも、何度京都に行っても心が洗われるような気がします。

 【金閣寺で】

京都では山崎立実先生に和菓子作りの実演を見る機会を作っていただきました。

場所は京都市内にある「鶴屋吉信」で、目の前で瞬時に出来上がっていく美しい和菓子に

心打たれ、食べてしまうのがとても残念そうでした。

でも、とても美味しかったです…

    

    【作りたての和菓子と】                  【右端が山崎先生】

 

京都にはたくさんの修学旅行生がいました。

彼らには宿題があって、お寺参りをしている間に会った外国人に

いろいろな質問をしてくる、といったものでした。

二人は丁寧に答えていて、とても微笑ましい光景でした。

さて、研修も終盤に入り帰国前に、本NPO法人から修了証書を贈呈することになりました。

   

Antonから今回の研修に対する感想を日本語でスピーチし、山下理事長から終了証書をいただきました。

嬉しそうですね~

   

また、Chaiも同じく研修への感想を日本語で述べ、山下理事長から修了証書を授与されました。

彼も嬉しそうですね~

【写真 中央 光本健次先生】

今回の研修をコーディネイトしていただいた光本健次先生にもこの場をお借りして

御礼申し上げます。

AntonとChaiが帰国して、この研修で学んだことを、広く自国の柔道関係者の方々に

広めていただくことを希望しています。

ふたりは自国で子供たちに柔道を指導しているコーチたちです。

子どもたちに柔道を通して、夢や希望を与えてあげてくださいね~

2014年度にはパレスティナからのコーチも来日できるといいですね!