「暴力の根絶」プロジェクトのパネルディスカッションを開催しました。

2013年07月16日

「暴力の根絶」プロジェクト -暴力のない柔道を築くために- 

2013年7月14日(日)、品川プリンスホテルにて 

「暴力の根絶」についてのパネルディスカッションを開催しました。

220名以上の方が参加しました。

パネリストとして、全日本柔道連盟「暴力の根絶プロジェクト」委員(外部有識者)の友添秀則氏(早稲田大学教授)、菊幸一氏(筑波大学大学院人間総合科学研究科教授)、山下理事長(「暴力の根絶プロジェクト」プロジェクトリーダー、コーディネーターとして宮嶋泰子さん(テレビ朝日編成制作局アナウンス部兼編成部 上級マネージャー)が参加しました。 

初めに、柔道界における暴力の根絶について、山下理事長が話しました。 

友添教授が、体育・スポーツ界における暴力行為についてお話しされました。

菊教授がスポーツにおける暴力発生のメカニズムと根絶の取り組みについてお話されました。

後半は、パネルディスカッションを行い、各先生方の専門分野から暴力根絶についての意見をお聞きしました。

最後に、暴力根絶に向けて、参加者全員で気合を入れました。

 このパネルディスカッションの詳細は、後日、講演録として報告させていただきます。

暴力の根絶プロジェクトについての詳細は、全日本柔道連盟「暴力の根絶プロジェクト」ホームページをご覧ください。