ミャンマー柔道協会へ畳と柔道衣を寄贈しました。

2012年10月01日

【写真:ミッションのメンバーとテンセイン大統領(中央)】

 2012年6月に、本法人山下泰裕理事長がミャンマー文化・スポーツミッションで

外務省からミャンマーに派遣されたことは、既に本サイトでご紹介させていただきました。

(紹介サイトはこちらから:http://www.npo-jks.jp/activity/page/4473/)

滞在中、山下はミャンマー柔連の方々と意見交換をすることができ、地方の柔道普及のために

リサイクル柔道衣と畳の無償提供を申し出ました。

その柔道衣と畳が無事、柔道連盟の道場に届き、在ミャンマー日本大使館お協力を得て

贈呈式を行うことができました。

【U Tun Tun 会長(左) 丸山市郎公使(右)】

当日は、在ミャンマー日本大使館から丸山市郎公使にご出席いただき、贈呈式では山下理事長からの

メッセージを代読していただきました。

折にしも、2013年にミャンマーで開催されますSEAゲームの柔道強化のために本NPO法人から派遣した

井坪君と工藤君が滞在中であり、式典に参加することができました。

【左から丸山公使・工藤君・井坪君】

【ミャンマー柔道連盟の方々と】

式典の最後に、選手と一緒に記念撮影をしました。

式典の模様は地元の新聞にも取り上げられたそうです:

  

最後に、ミャンマー柔道連盟からいただいた感謝状をご覧下さい!

この柔道衣と畳が少しでもミャンマーの柔道普及にお役に立てるよう

祈念しています。