昨年12月に研修を行ったアディエル・レズミ君(イスラエル)の感想文です。

2012年02月15日

2011年11月30日~12月14日、東海大学を中心に研修を行った

イスラエルからの柔道指導者、アディエル・レズミ君の感想文です。

TO  N.P.0  members

My name is Adyel  Lezmi from Israel.
 I am first dan graduated, I am training and practicing judo and I'm also a competitor. I was four years old when I began to learn judo and I always dream to learn the japan judo way, the true judo.
I was tow  week at the Tokay university perhaps not enough to learn the Japanese judo method but I was able to feel the differences of training between Japan and Israel. The intensive rhythm and the student's discipline were amazing. I had participated at many training that I could and I think that I am able now to bring a little taste of the Japanese judo to my club and my young students.
I want also to notice my visit to the wonderful  Matsumae school and the interesting way of training little kids.
 I was also at competition between clubs and I learn a lot from the organization of the competition.
My visit in kodokan was a big event for me.
Training camp with all the international team and japan team give me a special opportunity to play judo with the best judokas in the world.
It was a dream  to look at the grand slam and maybe, one day, I will return as a participant.
The last but not the least was the fun day that Mr.Mitsumuto has organized for us.
This journey was a great opportunity to meet foreign trainers in particularly the Palestinian one because we have very few opportunities to do so in my country.
Thank  you  to all friends  of tokay university and international department.
I want to thanks Mrs. Keiko Mitsumoto for her concern ,
 Mr.Yamashita for his wonderful  project "judo for peace"
and the NPO that makes  all this possible.
ןit was a great honor to be with all of you in japan. 

With my best regards ,
Adyel  Lezmi

************************************************************

私は、イスラエルのAdyel Lezmiです。
 私は柔道初段で毎日、柔道を練習しています。また、私は現役の選手としてイスラエルで大会にも出場しています。
私は4歳の時柔道を学び始めて以来、いつも日本へのあこがれ、日本で柔道を勉強することを夢に見ていました。
この度、私は貴法人の御招待で2週間、東海大学柔道部で柔道を学ぶ機会をいただきました。日本の柔道を習得するのに2週間は、決して十分ではありませんでしたが、私は、日本とイスラエルのトレーニングの違いを勉強することができました。練習の集中する態度や学生の規律は驚くべきものでした。私は多くの練習に参加させていただきましたが、私は自分のクラブのメンバーや生徒に日本で修得した柔道の素晴らしさを伝えることができると思います。
 私は素晴らしい松前柔道塾の小さな子供たちと大変興味深い練習方法を勉強しました。また、講道館の訪問は私にとって大変大きなイベントでした。
国際大会後の多くのナショナルチームと日本チームとの合同トレーニングキャンプは、私に世界最高レベルの柔道選手たちと練習する貴重な体験をさせていただきました。私にとって、日本で国際大会を視察し、世界の多くの選手たちと交流することは大きな夢でした。
最後になりましたがNPO法人柔道教育ソリダリティーの皆様には大変お世話になりました。皆様のお陰で私は今までいだいていた夢を実現することができました。
また、貴NPO法人のお陰で通常、一緒に柔道衣を着て畳の上に立つことのないパレスティナのコーチとも友情を育むことができました。また、他国からの選手、コーチたちと交流することは大変貴重な機会でした。

NPO法人柔道教育ソリダリティー 理事長の山下泰裕先生、事務局の皆様、そして東海大学柔道部のすべての友人に心から感謝申し上げます。

アディエル・ラズミ