イスラエルとパレスティナからコーチを受け入れました

2011年12月07日

昨年12月にイスラエルとパレスティナから少年チームを招聘し、2010年12月26日に

福岡で開催されました”サニックス国際中学生柔道大会”に参加した事はまだ記憶に

新しいと思います。

【左の写真は2010年撮影】

本法人の本年度の事業としてイスラエルとパレスティナから

それぞれの国の柔道発展のためにふたりのコーチを招聘いたしました。

以下、コーチの紹介です:

【カリッドさん】

カリッドさんは現在国際審判員であり、パレスティナナショナルシニア男子コーチをしています。

柔道を始めた少年時代から、日本に来て柔道に触れることが夢だったそうです。

また、柔道を通してイスラエルとパレスティナの平和実現をめざしていて、

活発に青少年への柔道指導に携わっています。

カリッドさんは12月24日まで滞在します。

【アディエルさん】

アディエルさんは現在イスラエルの高校3年生です。

将来は父親の経営する柔道場の経営や、ジュニアの指導に携わっていきたい希望があるそうです。

彼もまた柔道を通した活動で、イスラエルとパレスティナの平和実現を目指したいと

大きな希望を持っています。12月14日まで滞在します。

 

来日してわかったのですが、このお二人はエルサレムの同じ村に住んでいて

それぞれ所属している柔道場は車で5分の位置にあるそうです。

今まで面識はなくそれぞれ帰国したら柔道を通した交流を約束していました!

近い将来、イスラエルとパレスティナの合同チームの来日を夢見て、

少しづつですが、本法人は毎年イスラエルとパレスティナからコーチ招へいプログラムを

継続していきたいと思っています。

いつか両国に私たちの夢の橋がかかりますよう~に!