中国語版「柔道入門教則本」写真撮影のため中国南京に行ってきました。

2011年10月13日

本年度の大きな事業に中国語版「柔道入門教則本」の制作があります。

この事業は国際交流基金からも助成金を受けており、中国の子供たちのために

橋本敏明副理事長を中心に制作しています。

この教則本の製作は中国の柔道関係者の長年の夢だったそうです。

  【写真:橋本敏明副理事長】

この度、9月8日から11日まで本法人 橋本敏明副理事長と東海大学大学院生の穴井亮平さんが

教則本に掲載する写真撮影のため、中国南京友好柔道館を訪れました。

久しぶりに訪れた南京友好柔道館は活気に満ちあふれ、修業生も増えていました。

 【左から 常東さん 穴井さん 橋本副理事長】

 【子供たちの入門が増えたそうです】

 【外国人の生徒も練習しているそうです】

 【子供たちの保護者に対応する常東先生】

今回の訪問の大きな目的は教則本に掲載する写真撮影でしたが

2011年度全日本選抜柔道体重別大会と

本年8月に中国で開催されたユニバーシアード大会で優勝した穴井亮平さんに

柔道教室も開催していただきました。

 【左 常東先生 右 穴井亮平さん】

 【穴井さんによる技の模範演技】

 【子供たちと楽しい柔道をするのも大切です】

 【外国からの修行生も頑張ってますね!】

 【橋本副理事長も汗をかきました!】

 【たくさん汗をかいた後の楽しいひと時!】

今回の教則本制作にあたり、全ての面でサポートいただいています兎澤和弘(左)さんと

兎澤さんにはこれからもお世話になります!!

また、橋本副理事長からの報告で昨年6カ月間、東海大学で指導者としての研修をした

常東先生が柔道教室の運営から企画まで、日本で研修した事を正確に、そして

着実に中国柔道発展のために尽力されているとのことでした。うれしいですね~!

この教則本は2012年3月に南京市で開催されます”Japan Week"の際、

中国柔道協会に贈呈したいと思っています。

以下、橋本副理事長と穴井亮平さんの報告書をお届けします。

■橋本副理事長の報告書はこちらから

■穴井亮平さんの報告書はこちらから

橋本副理事長、穴井さん大変お疲れさまでした!