12月22日 大牟田市の白光中学校と交流しました。

2010年12月22日

福岡宗像市にあるグローバルアリーナに落ち着いた一行は、明日からスタートする

プログラムを前に、今日は体も心もリラックスする事にしました!

そこで、九州唯一〝絶叫マシーン″のある、グリーンランドに行きました。

  

      イスラエルチーム            パレスティナチーム

  

でも、一番リラックスしていたのは両団長だったかもしれないですねェ~

今回のグリーンランド訪問も、加藤暁子理事のアレンジによるもので

心から御礼を申し上げたいと思います。

さて、心も体もリラックスした一行は大牟田市の白光中学校で交流会に参加しました。

 

▼まず、音楽の先生による独唱       ▼そして琴の演奏・・・ 本当に上手でした!

   

 みんな真剣に聞き入ってました。

▼最後に、ギター演奏とともに、パレスティナとイスラエルの民謡を皆さんで合唱してくださいました。

心が洗われるような、きれいなメロディーでした・・・

  

両団長からこの交流会を企画してくださった皆さんに感謝の気持ちを述べました。

そこで、感謝の気持ちを歌で返礼することにしました。

イスラエルチームは毎週金曜日にうたう家族だんらんの歌、そしてパレスティナチームは

国を愛する気持ちを表した歌を歌いました。

それから、即興ですが・・・・

白光中学に来るまでに覚えた〝ハトぽっぽ″の歌を、パレスティナとイスラエルチームが

一緒に歌い始めたのです・・・

すると、白光中学校の生徒たちも一緒になって合唱が始まりました!!

感動でした・・・

その後は、白光中学校柔道部で一緒に汗を流しました。

  

イスラエルのナフム君は、

「日本の中学生と練習をしてみて、今までとは違う練習方法があるのだと刺激を受けました。

26日の大会前によい練習ができました」、と話してくれました。

そんな中、イスラエルのLezmi監督とパレスティナのIyadコーチが練習をしていました。

みんなにお手本を見せてくださったのでしょうね・・・

あちこちでイスラエルとパレスティナの選手が一緒に練習をし始めました。

ところで・・・、パレスティナのカワスミ監督はどこでしょう?

▼ ▼ いました、いました・・・

このような素晴らしい交流会と、柔道交流会を企画してくださった、

白光柔道部の顧問をしてらっしゃる釘崎先生(東海大学柔道部OB)に心から感謝したいと思います。