日中友好青島柔道館の王華さんから便りが届きました。

2010年11月01日

日中友好青島柔道館の王華さんから以下、便りが届きました。

 【日中友好青島柔道館の王 華 さん】

□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ 

 NPO法人柔道教育ソリダリティーの皆さまへ、

御久し振りです。お元気でお過ごしでしょうか!?
 
昨日から青島とても寒くなりました、日本はまだ暖かい毎日でしょうか?
 
山下先生や橋本先生はお元気でしょうか?お忙しいと思いますが

風邪引かないようくれぐれもよろしくお伝えてください。
 
今日は、いくつかのご報告をさせていただきます:


  
①先週の土曜日は青島第一海水浴場で第一回青島砂浜柔道大会(※1)が開きました。
 
各地の7つチーム約120名の子供が試合に参加しました、畳でやる柔道とは違って、
 
立ち技だけをルールとして試合を開き、子供たち結構真面目に試合に出ました。

中日友好柔道館も幼児園男子団体、小学生男子団体の優勝です。


 


写真と一緒に御報告をさせいていただきます。


②先週の水曜日は、青島市内徐先生の母校である莱芜一路小学(lai wu  yi lu  xiao xue)では

青島柔道協会から畳、中日友好柔道館も柔道着を10着支援しました。

小さなお教室ではありますが、中日友好柔道館から先生を手配して、

これから週に4回ぐらい子供の柔道をやるようになりました。

少しずつでも、子供に柔道の良さを分かってほしいですね。
 
そのために私達は懸命に頑張っています。

これからも応援お願いいたします。

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

※1 青島砂浜柔道大会について

以前にもお話ししたと思いますが、青島友好柔道館館長、徐 殿平先生は、青島の柔道を普及、強化する際、

「砂浜から世界へ!」をスローガンにかかげました。

その当時中国では、まだ柔道が盛んでなかったことから施設も充実しておらず、畳がなかったそうです。

そこで、美しい白砂のある青島の砂浜で、毎日柔道の稽古をしたそうです。

この砂浜が、青島友好柔道館の原点であり、この度、第1回砂浜柔道大会が開催されたことは

本法人としても大変うれしいことです。

着実に日中友好青島柔道柔道館が地元に根付いてきていることがうかがえました。

美しい青島の砂浜から、世界へ羽ばたく柔道選手を育てて下さい!