イスラエル・パレスティナ訪問記 -その②ー

2010年07月24日

【第2日目(7月19日・月曜日)】

2日目はイスラエルで山下理事長の講演会、及び井上康生氏と一緒に柔道教室を開催しました。

場所はテルアビブ市内のNetanyaにあるWingate Instituteで行われました。

 【写真:パワーポイントを使って講演しました】

まず、演題は「Challenge to Your Dream」で、参加者全員へ山下理事長の講演会からスタートしました。

「畳の上では敵ではなく、柔道の稽古や試合を通してお互いを尊重し磨き高め、

柔道で学んだことを人生で生かす。柔道を通して培った心を持って

皆さんの夢に挑戦してください!」と述べました。

皆さん真剣に聞き入ってくださいました!

 【写真:中央がヘブライ語通訳の森本さん】

へブライ語はわかりませんが、森本さんの通訳は、柔道の技や専門用語を訳すために

たくさんのジェスチャーを駆使し、とってもチャーミングでした! ありがとうございました。

参加者も森本さんの通訳のお陰で、大変和んだ雰囲気の中、熱心に聴講してくださいました。

【写真:イスラエル柔道連盟の役員と】

その後、イスラエル柔道連盟の役員と会合を持ち、柔道のテクニカルな質問、

柔道を通した青少年育成についてたくさんの質問があり、長時間にわたって意見交換をしました。

イスラエルは柔道競技に大変力を入れており、メダリストも輩出しています。

若い選手の育成を重要視しており、いろいろな取り組みもされていました。

山下理事長は、イスラエル柔道連盟の役員にも12月の招聘事業について理解を求め、

選手団の派遣に前向きに検討してくださることになりました。  -続く-