インド・モンゴルからの研修生を受け入れました。

2010年03月24日

2010年2月27日から3月26日まで、外務省スポーツ交流プログラムと共催で、モンゴルとインドからそれぞれ選手2名、コーチ1名を受け入れました。

【選手とコーチのの紹介です】

 

 

 

 

インドチーム(左から)

 

Ms.Kalpana Devi - 52kg級 アジアジュニアの優勝者です。
Ms.Garima Chaudhary - コーチ
Mr.Ram Ashrey Yadav - 73kg級 東アジア大会銀メダリスト

 

 

 

 

 

モンゴルチーム(左から)

 

Uliziibaya Duurenbaya君
Dashgombo Battulgaコーチ
エルデゲさん(通訳)
Myagmarsuren Dashnyam君

日本での研修の模様はモンゴルの新聞に載ったそうです。
記事はこちらから   http://mongolnews.mn/i/2571


滞在中は講道館への出稽古、また中西英敏教授による個別指導が3回に渡って開催されました。

中西先生の熱のこもった指導!

中国青島柔道館から研修中の王華さんにも指導いただきました!

非常にわかりやすく説明いただき、参加者全員納得していました!

 今回の交流は外務省のご支援をいただいで実現しました。また、

事務手続きや連絡などで、外務省人物交流課の皆様には大変お世話に

なりました。改めて御礼申し上げます。

みなさんは帰国後、いろいろな大会に出場してご活躍されていくと思います。

日本で培った柔道の技と心をこれからも生かして行ってほしいと思います。