日中友好南京柔道館が完成し、開館式に行ってきました!

2010年03月07日

日中友好南京柔道館の完成について第1報をお届けしましたが、これから開館式の模様を報告させていただきます。

2007年の日中友好青島柔道館に続き、今回も日本政府が無償資金協力として約9万6400ドル(約868万円)の

供与を頂き、南京運動学校からも資金援助を頂き、日中協賛の形ですばらしい柔道館が完成しました。

2010年3月1日午前10時、中国の美しい古都、江蘇省南京市に待ちに待った柔道館の開館式を迎えました。

  日中の国旗が掲げられた道場

 南京市で両国の国旗が仲良く並んだ光景は感動しました!

 テープカットで山下理事長と南京市関係者

 

 開館式で山下理事長の挨拶(左 劉俊林初代館長)

山下理事長は、この南京市に開設された友好柔道館で柔道を通して、多くの市民交流が行われ、そして

この道場から世界へ羽ばたける選手を育成してください、と激励しました。

 ご挨拶いただいた在上海領事館 横井 裕総領事

 

    

開館式終了後、関係者で金木犀の木を運動学校の敷地内に植樹しました。

その後、道場に戻り地元中学生や、江蘇省南京運動学校の学生を対象に柔道教室を開催し、

参加者とたくさんの汗をかきました!

    

これからも本法人は青島柔道館と同様、南京柔道館も応援していきます!

本件の関係記事はこちらから

①産経新聞

②毎日新聞

③神奈川新聞と読売新聞