11月5日に調印式が行われました!

2009年11月30日

 中国江蘇省南京市に日本の「草の根無償」資金援助で、

中国第2の日中友好柔道館の建設をスタートするため、11月5日外

務省(上海総領事館)と南京市、南京市体育局、南京柔道協会、

及び南京運動学校との間で調印式が行われました。

今回の調印式に至るまでには、劉俊林南京柔道協会長と山下理事長との柔道を通した友情がありました。

劉先生は本法人が2006年から北京五輪までに支援した中国男子チームの監督で来日し、

4回ほど東海大学柔道部で練習した経緯があります。

 

  日中両国の関係者で記念撮影

 

 調印式の模様

王 南京市重競技運動学校長(左) 山本隆裕副領事(中央) 横井 裕 総領事)

 

  山下泰裕本法人理事長の祝辞を代読する劉俊林先生と山本隆裕副領事

理事長からのメッセージはこちらから

 

  南京市長と横井裕総領事

 

 ご存知のように、日本人と中国人にとって南京は大変悲惨なイメージしか湧いてこない関係ですが

私たちはこの友好柔道館を通して、二度と同じ過ちを起こさないように、また同じ目に合わないように、

両国が柔道を通して平和と友情を築くために交流していきたいと思います。

現在、南京運動学校内にある道場は改修工事に取り掛かったそうです。

南京友好柔道館の開館は2010年3月の初めになると思います。

今から楽しみです。