瀬野君から帰国前の報告が届きました!

2009年09月21日

 

約1ヶ月半、中国・日中友好青島柔道館に派遣していたボランティア学生の瀬野君は

指導も終わりいよいよ帰国することになりました。

帰国前に彼の報告が届きましたのでご紹介します。

柔道を通して、たくさんの人と出会い、そしていろいろなことを学んだと思います。

瀬野君が架けた日中の架け橋をこれからも大事に継承し、本NPO法人は柔道の活動を通して、

小さくても、夢のある平和の架け橋を架けて行きたいと思います。

以下、瀬野君からの報告です。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

最終経過報告をします。

中国での研修も今日で終わり、明日には日本に帰国します。

この一ヶ月間は、毎日が初体験の連続で、一日一日がとても濃く、

とても語りきることなど出来ない様な生活を送ってきました。

また、たくさんの友達ができ、子供たちからは名前で呼んでもらえるようになり、

何度も食事に連れて行って頂き、本当に毎日が楽しかったです。

そして、こんな貴重な体験をする機会を頂けた事が本当に幸せな事だと感じました。

 

 

指導について悩んだ時期は何度もありましたが、今思えばとても良い勉強になったと思います。

青島には、必ずまた会いに訪れると子供たちと約束をしたので、子供たちに負けないように自分も

成長していこうと思います。

この一ヶ月間、多くの人々の支えの中で生活をして、言葉の違い、文化の違いといったものに

悩んだこともありましたが、柔道を続けてきて本当に良かったと感じました。

中国でお世話になった人達全員に、この言葉を伝えたいです。

我愛青島人・・・私は青島の人々を愛しています。

経過報告を終わります。