国税庁より本法人は認定NPO法人に認定されました。

2009年05月24日 (日曜日)

平和・友情・柔道.JPG

◆ご挨拶

本法人は、この度、国税庁より「認定NPO法人」として認定されましたのでお知らせいたします(5月1日付)。この制度は、NPO法人の活動を支援するために設けられた税制上の措置であり、今回の認定によって、大変厳しい経済状況が続く中、私たちの活動も計画通りに進めていけるのではないかと思っております。昨年秋からの申請手続きにご尽力頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。
 また、去る5月12日(火)に朝日新聞出版から上梓された『プーチンと柔道の心』(日本語版)の出版報告会を本法人が開催し、来日中のロシア連邦首相のウラジミール・プーチン氏にご臨席賜り、本を贈呈しました。本法人の役員が中心となってお迎えしたわけですが、短い時間の中で心をこめたおもてなしができたのではないかと喜んでおります。
 なお、6月23日(火)には本年度の総会を開催する予定です。不透明な時代といわれますが、本法人は趣旨にご賛同頂く皆々様との連帯(ソリダリティー)を強め、さらに活動の輪を広げていきたいと思います。今後とも相変わりませぬご支援ご協力を賜りますよう切にお願い申し上げます。
まずは近況ご報告まで。
時節柄、ご自愛祈ります。 

特定非営利活動法人柔道教育ソリダリティー(国税庁認定) 
山 下 泰 裕 理事長  

◆ご支援くださる皆様には、2009年5月1日以降の寄附金につき「寄附金控除など税の優遇措置」を受けていただくことができるようになりました。ご不明な点がございましたら事務局までお問い合わせ下さい。◆

優遇措置に関する詳細は内閣府NPOホームページをご覧ください。

これからも本法人はその趣旨を忘れず、皆様と一緒に邁進していきたい所存です。

コメント

認定を受けたとのこと、おめでとうございます。
活動をしながらの認定を受けるための準備は
さぞ大変であったことでしょう。
事務局のみなさん、本当にお疲れさまでした。

プーチン首相の公式HPを見ましたが、超ハードスケジュールの中、
記念会に参加したのですね。
ケブカシビリ氏が言うように認定されたNPOは世界でも
高い評価を得ているのですね。
首相の公式HPの中に当日のメッセージがありました。
プーチン首相は「全世界を愛するのはたやすい。隣人を愛すればいい。」
という言葉から、日露関係のあるべき姿を両国民に投げかけているように
思いました。

 国税庁のHPによると、
認定NPO法人とは、NPO法人のうちその運営組織及び
事業活動が適正であること並びに公益の増進に資することにつき
一定の要件を満たすものとして、国税庁長官の認定を受けたものをいいます、とあります。
 先般の出版記念会でプーチン首相は認定NPO柔道教育教育ソリダリティーの活動を高く評価されていました。
特にご自分の恩師ラフリン先生との活動については
今後の計画等、熱心し質問なさっていました。
山下理事長から説明があると、「山下さん、それは大変素晴らしい!楽しみにしています。」と大変喜んでおられました。
また、「この本が日露友好のために少しでも寄与してくれたら喜ばしい。
山下さん、また日露のために何か一緒にできることがあれば
協力しましょう。」とのお言葉をいただきました。
 日本で認定を受けたNPOは世界でも認定に値する高い評価を得ているようです。